社員旅行データ情報室

行って良かった社員旅行
11月 28, 2014

勤務先の社員旅行について

私は病院で勤務して8年目なのですが、私の勤務している病院では毎年年末に社員旅行が計画されて、国内などを中心に旅行に団体で出かけます。数年前に一度だけ韓国へ旅行へ行ったのですが、とても楽しかったです。正社員も契約社員もパートも全員が対象で、基本的には希望制で、毎月の給料から少しずつひかれて積み立てを病院側がしてくれており、旅費の半分は病院側が負担してくれるために、非常にお得な旅行となっているように感じます。私は毎年入社してから参加しているのですが、ドクターや看護師、薬剤師など様々な職種の方が参加して、普段は仕事上での話しかしなかったりするひとでも、仲良くお酒の席や旅行先の行動などで仲良くなり、親睦が深めるためにその面でも非常に魅力を感じています。病院全体の職員の仲が良くなればその分病院の雰囲気も明るくなり元気が出て、患者さんなどにとってもよくなるので非常によい事だと感じています。

社員旅行のメリットについて。

仕事をしていて、社員として働いていると社員旅行というものに参加する機会があります。これは、同じ会社で働いている社員同士が共に旅行をすることです。行き先は会社によって違いますが、みんなで同じバスや電車、もしくは新幹線や飛行機に乗って旅行先に向かいます。この旅行は普段のいろいろを忘れて社員同士が絆を深め合うことができるとても良いチャンスです。他の人の普段見れない表情を見ることができたり、会社ではなかなかできないような話をゆっくりとすることができたり、みんなでおいしい物を食べたりと、たくさんのメリットがたくさんあります。会社ではなかなか話す機会がなかった人とも、旅行がきっかけとなりたくさん話せるようになったり、仲良くなったりもできる場合があります。社員旅行は、社員達の疲れを癒すと共に絆を深めたりできるとてもよいものだと思います。

わが社の社員旅行に関して

私が勤務している会社にも、年一回の社員旅行があります。毎年、ゴールデンウィークが明けた5月に実施されるのですが、うちの会社では少し面白い方法がとられています。この社員旅行ですが、全員が行ける訳ではありません。うちの会社は小売・サービス業であり、店舗の定休日は水曜日のみなのです。つまり、誰かが会社に残り、業務をこなさなければならないわけです。ですので、この旅行にいける人間を選別しなくてはならないのです。では、どうやって選別をするのか。それは、年度末の決算期である2月と3月に、営業向けの販売キャンペーンを行うのです。旅行をかけて順位を決めようというものです。営業にはベテランもいれば入ったばかりの新人、また女性営業もいます。不公平が無いように、経験年数別、男女別など島が分かれるような形で実績を競うのです。成績によって行ける、行けないが決められますと、不平不満もありません。

Tags :

アーカイブ

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

  • カテゴリーなし